下川だけど沢井

ちょっと前の事ですが、テレビジョンをつけたら、BGMプランがやってました。
今日ダラダラお騒がせしてた、あのバンドの方が、前のバンドの熱唱が終わったことを受けて、頭を下げてたんです。
痛散湯

なんて、二つのバンド、全く仲がいいのか、両人尊敬し合ってるのか。
人気になってもそういった言動って大事なんだろうなって思うと、なかなかぐっと現れるものがあって。
若いのに、思う存分われわれから、とっくりしてるんじゃないか、って思ったり。

で、そのバンドのボーカリストのことなんですが。
昨年は、まさか変わった着ぐるみとか着てて、本人は極めて普通に格好良く熱唱してるつもりだったんだろうけど、わたくしには、もう一度なんか着こなしつけた芸人みたいで、面白くて笑っちゃうぐらいだったんです。

それが、今年は全額英語の歌詞で、オール悪徳でかっちり決めちゃって、はたして格好よかったんです。
誠に、この方、噂によると、他のボーカリストとお交流してたけど、本当は、おんなじバンド内でもお交流されてたとか、微妙な一報を耳にして。

生い立ちとか、あの英語威力とか、ダラダラカワイイパーソンで、レジェンド報告もややこしい体感だけど、ミステリアスな体感がまた素敵だったり。
私もあんなほうが近くにいたら、もちろん恋しちゃうのかな。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ