45歳で四十肩になりました

45年の時、大きな病を患った直後ウエイトが激減し体全体の筋力が落ちました。
両握りこぶしが重く推し量れ後両肩の関節痛を発症しました。俗にいう40肩といわれるような不具合、握りこぶしを上げようとすると両横の上部に痛みが走りました。
とにかく上半身の着替えや洗浄ものの握りこぶしを後や背後に回そうとすると痛みが著しく、いざ引き上げることができませんでした。
チャンスには決して関係なく一年中どんな時でも切り回すと劇痛が走るので日常の色々な登録に壁をきたしました。
インナーやTシャツなどの被り物の脱着の際に握りこぶしがあげられなかったです。
手強い時はカーディガンなど前ズレのコートの脱着もできませんでした。
ズボンの後ろにシャツをインすることができなかっただ。洗浄ができなかっただ。
重たい物を持つといった痛いので、食器も重ねると持てない近辺でした。洗濯物を物干しに乾かす、盛り込むことが出来ませんでした。
両肩の関節痛だったのでスパンをかければこなせるというものではなく、毎日の多くを身寄りに手伝ってもらっていました。
再考スキームとして理学療法士さんについてもらってリハビリを行いました。
痛みが治まるまでの数か月間はごくごく緩い行動で「こんなことでリハビリになるのか」という案件でした。
両握りこぶしを体躯の横ににつけ低く「前に習え」もののポーズをとり、肘を横に付けたままで手のひらを数値センチ外部へ動かす(視点として15たびほど)という活動を1日に10回ほどしました。
痛みがあるうちは無理して動かさない方が良いらしいです。
関節痛が収まってからは予防対策として肩甲骨を凄まじく動かす活動をしました。
上記の活動で手のひらをより外側に広げ、肩甲骨にかけてを収縮させるようなイメージで取り回すって効果があります。
初めは肩甲骨の動かし方もわからないほどでしたが、積み重ねるため今では関節痛はもちろん肩こりも解消されました。

リョウシンJV錠

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ