35歳まで美白対策をしていませんでした

35歳位の時に周りと共に海外航海に行った時にDUTY FREEで飛行場でショッピングを通していた時に、取り引き員の者に声をかけられて、「皆さんのシミに効く美液があるよ」って言われて、え?私の状況?あたい、シミありますか?ってようやく指しました。
保湿は心がけて、洗顔の後に朝夕、化粧水、美液、乳液は塗っていたのですが、肌ががんらい白かったのでファンデーションを塗ったり、日焼けエンドを塗ったりしていなく、美白やシミ防止という観内容からはじめ化粧をなんにもしていませんでした。
シミは二度とスタートしてしまっているので、取り払いをするとまではいきませんが、ホワイトニング効果のある美液を塗りつつ、事前のシミ回答としては日焼けエンド効果のあるBBやCCクリームをつけるようになりました。
更にお出かけをする日や、航海インナーなど自分の精神だけでは用件できない時折、大いに厚めに塗った上にパウダーファンデーションなど粉類にも紫外線効果があるものを付けるようにしています。
また昼間汗などで流れてしまうことも心持ち考慮して、ちっちゃな紫外線の入ったローションやクリームを荷の中に万が一に備えてある程度持ち歩いている。

キミエホワイトプラス
シミの改善はこれといってパーフェクトがいう小物はありませんが、防止ができているかどうかはわかりませんが、MISSHA(ミシャ) BBクリーム 紫外線 SPF40 SA+++やクリニークモイスチャー サージ、CCクリーム 30などは、美液+日焼けエンド+リキッドファンデーションを兼ねて使えて要る上によれもあまりなく、感もそれほど作風がなくて使用していて激しくパーフェクトをしています。
ゆくゆくレーザーでシミを消そうとも考えておりますが、クラスがなんだかんだありすぎて、まったく選択に至っておりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ